冬季限定プランのご紹介

こんにちは、フロントの田中です!
青森は今日も雪が降り続いていて、毎日雪かきに追われ全身筋肉痛です…。
日常生活では苦労も多い雪国青森ですが、スノースポーツを楽しむなら絶好のロケーションです!
今回紹介させていただくのはスキー場「モヤヒルズ」。
初心者から上級者まで楽しめるさまざまなコースが用意されていて、お子様向けのコースもありファミリーでも楽しく過ごすことができます。
先日からの大雪のおかげでゲレンデのコンディションは最高の状態だそうです♪

当ホテルでもスキーヤー・スノーボーダー応援プランとして、「モヤヒルズ」のリフト券が最大500円割引になるチケットをお付けしたプランを販売しております!

スキー場は今からが最盛期!
例年3月ごろまでスキーを楽しむことができます。

さらに……
スキーは楽しいけど、濡れたままのスキー板を部屋まで持ち込むのはちょっと…という方に朗報!
フロントにスキー板・スノーボード専用の預かりスタンドを用意いたしました。暖房の効いたロビーでお預かりするので、使用後の板も翌朝にはすっきり乾きます。

青森でスノースポーツをお楽しみの際にはぜひアートホテルカラー青森をご活用ください♪

【モヤヒルズ】
〒030-0133 青森市雲谷字梨野木63
TEL: 017-764-1110
営業時間;9:00~21:00

あおもりカレー祭りに行ってきました!

こんにちは、フロント高野です!
青森の冬といえば…やっぱりスキー!青森市内のスキー場 八甲田やモヤヒルズも、多くのスキー客でにぎわっています。
ウインタースポーツに目がない方はぜひ冬の青森へ!そしてアートホテルカラー青森へおかえりいただければ幸いです♪

さて、今回は…辛くてホット、身も心もあたたまる♪ご当地カレーで腹ごしらえ!
1月6日から3日間、観光物産館アスパムで開催されていた、「あおもりカレーまつり」に行ってきました。
一皿400円~600円で、青森県内のご当地カレーがたくさん楽しめました!

ホテルイチ食いしんぼうの私は、なんとぺろりと3皿も平らげてしまいました。
まずはコチラ♪

青森県東通村〈御食事処やまだい〉から、「東通牛のとろ牛カレー」。
東通村特産A5ランクの黒毛和牛をトロけるほど煮込み、濃厚な味わいに!
「とろ牛」の名の通り、お肉はスプーンでほぐせるほどとろとろ。
じんわりと鼻にかく汗が心地良い、スパイスの効いた一品です♪

お次は…

コチラも同じく東通村〈お食事処やまだい〉から、「牛ひき肉のトマトチーズカレー」。
トマトの酸味と濃厚なチーズソースがベストマッチ!トマトベースなのであっさりぺろりと食べられます♪

最後は今回のイベント会場、青森市アスパム1F〈ラウンジ・センチュリー〉から、「ガーリック豚しゃぶしゃぶカレー」。

にんにくを食べて育つため豚肉特有の臭みが少なく、香りや食感も優れていると評判の「ガーリック豚」。

旨味・甘味・食味の三拍子そろったこだわりの豚肉を贅沢に使った一品♪

ほかにもカレーパンやカレーまんなど盛りだくさんでした♪

カレーで満腹になってしまった私は食べられず…次回リベンジしたいと思います!

 

アスパムでは今回イベントで出店していたご当地カレーのおみやげのほかにも、青森の名産品などたくさん取り揃えています!

青森観光の際はぜひ、観光物産館アスパムにお立ち寄りください♪

 

【観光物産館アスパム】

TEL 017-735-5311

青森県青森市安方1丁目1番40号

営業時間:〈4月~10月〉9:30~19:00

〈11月~3月〉9:30~18:00

青森で開催中の「こち亀展」

みなさんこんにちは。フロントの佐藤です。
今シーズン最強の寒波が押し寄せ、お天気も荒れ模様。
インドア派の私は、家の中でマンガ三昧の休日を過ごしています。

さて先日、私は「こち亀展」に行ってきましたっ!!
国民的ギャグ漫画、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の展覧会で、
全国各地を巡りながら、ただいま青森市の中三青森本店で開催中なのですっ!!。

「こち亀」は「週刊少年ジャンプ」で1976年の連載開始から、
一度も休載されることなく、2016年秋に40周年の金字塔を打ち立てながらも、
ファンに惜しまれつつも連載を終えることとなりました。
私の最も大好きなマンガのうちのひとつです!!

チケットを購入し、さっそく会場に入ると、
200巻すべての単行本がずらりと並べられていました!!
表紙絵は当時の流行や時勢に敏感で、順を追って時代の移り変わりを感じ取れます。
“最も発行巻数が多い単一漫画シリーズ 200巻”として、
作者の秋本治さんが獲得したギネス記録の認定証も展示されています。

続いては、個性的な派出所のメンバーがお出迎え。
ハチャメチャな言動で事件を巻き起こすが、情に厚く憎めない主人公・両津勘吉、
ハンサムな大富豪・中川、仕事に趣味に多才な美女・麗子、頑固一徹な大原部長。
メインキャラクターが数々の原画で紹介されており、ファンにはたまりませんっ!!

コースの合間には、ギャグマンガならでは、オチとなる最終コマ厳選集も。

両さんの負債も公開されていて、思わずクスッと笑わせられました。

いよいよコースも後半、見ごたえのあるコーナーが目白押し!!

「こち亀」は単なるギャグ漫画でなく、人情味あふれる作品が多いのも魅力。
ファンの間でも「神回」とされる作品を、原画で楽しむことができます。
「おばけ煙突が消えた日の巻」や、青森とも関わりのある「友情の翼!の巻」など、
少年ジャンプでリアルタイムに読んだ頃の懐かしい思い出が鮮明に蘇りました…。

また、緻密な風景描写も「こち亀」の味わいの一つ。
下町の風景を忠実に再現し、情緒あふれる街並みの中を、
時代の移り変わりとともに散策することができます。

そして、全国ニュースでも話題となった「神田明神奉納こち亀絵巻」。
連載40周年を記念して神田明神に永年奉納された、全長8mにもわたる絵巻です。
東京の情景の移ろいと「こち亀」作品の歴史とが交錯して描かれています。

いよいよ最後の展示は”「想い出」の巻”。
こち亀展の特別展示として公開されている、完全描きおろしのストーリーです。
連載は終わってしまいましたが、「こち亀」ワールドはずっと生き続けている、
そんな、不思議な感覚に包まれるストーリーでした。

展示コーナーとは別に、オリジナルグッズの販売コーナーもあり、
ついつい、いくつか購入してしまいました。
コアなファンならご存知、「読売新聞こち亀版」も販売されていますよ!!

長年に亘って愛され、老若男女問わず楽しむことのできる「こち亀」。
青森会場での開催は1月21日までです。
興味のある方は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

青森ねぶた祭り期間のご予約のご案内です!

みなさまお待たせいたしました。

 

2018年 青森ねぶた祭り期間(8/2~8/7)のご予約受付のご案内です。

ねぶた祭り期間は毎年お問合せが多い期間でございます。

お日にちによっては、販売と同時に満室になってしまう場合もございます。

予め、ご了承くださいませ。

 

――――――――――――――――――――――――

【販売開始】 2018年1月21日 (日) 12:00~

【販売サイト】 楽天トラベル

――――――――――――――――――――――――

 

*販売開始は自動で行われるものではないため、タイムラグが生じる場合もございます。

 

≪ご注意≫

下記の内容をご確認のうえ、ご予約をお願いいたします。

 

*今回の販売は、楽天トラベルのアートホテルカラー青森のページでのみの限定販売です。お電話での受付は行いません。

*お支払方法は、事前カード決済のみとなります。

*ねぶた祭り期間のご予約は、通常のご予約とキャンセルポリシーが異なります。プラン内容を十分にご確認いただいてからご予約ください。

*備考欄等に「禁煙」「喫煙」の希望をご入力いただいても、お部屋タイプの変更はできません。ご予約の際は、部屋タイプのお間違いにご注意ください。

*ご予約後、当ホテルからお客様へご連絡させていただく場合がございます。ご予約の際に登録していただくご住所、ご連絡先はお間違えが無いようお気をつけください。

*当館は駐車場がございません。提携の下新町駐車場を1泊900円にてご利用いただけます。

*当ホテル周辺並びに提携駐車場(下新町駐車場)周辺は8月2日~6日の期間、17:30~22:00まで交通規制の対象となります。お車でのご来館をお考えの方はお気をつけください。

 

たいへん混雑が予想されるため、プランや受付方法を限定しております。

注意点が多くご不便をお掛けしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

みなさまのご来館を心よりお待ちいたしております。

*ご予約状況やお取消し等に応じて、2回目の販売を行う予定です。2回目の販売につきましては、日程等が決まり次第、当ホームページにて告知いたします。

今月の朝食おすすめメニュー

皆さん、明けましておめでとうございます!
今年もアートホテルカラー青森を宜しくお願いします!フロントの後藤です。
今回私が紹介するのは、朝食の今月のオススメ♪アートホテルカラー自家製酒粕ドレッシングです。

酒粕には火を通さずそのまま使っているので、色々な効果や栄養がたっぷりです。
例えば、女性にうれしい、美白や保湿性等の美容効果やダイエット効果があります!!糖尿病予防や血圧・コレステロールを下げる効果もあり健康的に!さらに今の時期気になるウイルス感染を予防する効果もあるんです!
ドレッシングに使っている酒粕は、青森を代表する地酒“じょっぱり”の蔵元弘前市の六花酒造の物です。
酒粕特有の後を引く美味しさがなんとも言えません!津軽弁だと『あどはだして、めぇ』ですね。青森県産野菜の“アオベジ”との相性抜群です。

ただ、火を通さないためアルコールが含まれるので車の運転は、控えてくださいね。

朝食券は、3階フロントにて1,080円で販売しております!三枚綴りの回数券は、有効期限が半年で2,700円とお得です。
そして、今年も土日のブランチ(6時30分~13時まで)営業中です
平日は、朝6時半~9時となっております!是非、自慢の朝食を食べに来て下さい!

新年のご挨拶

 

 

新年あけましておめでとうございます。

 

昨年は格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。

 

先ほど、初詣で賑わう善知鳥神社に行ってきました。

今日の青森は、昨年末までの厳しい寒さと大雪が嘘のような晴天で、気持ちの良い一年の始まりとなりました。

 

明るく平和な一年となりますように。

 

スタッフ一同、皆さまのおかえりを心よりお待ちしております。

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

平成30年 元旦